実績

運用対象資産残高の推移

単位:億円

2009年
3月末
2010年
3月末
2011年
3月末
2012年
3月末
2013年
3月末
2014年
3月末
2015年
3月末
2016年
3月末
2017年
3月末
2018年
3月末
2019年
3月末
2,075 1,929 2,365 2,258 4,344 3,020 4,149 4,145 3,978 4,383 4,635
  • 運用対象資産残高とは、当社が行う不動産投資運用業務の対象となる資産(不動産信託受益権)の取得価額の合計をいいます。ただし、一部の案件については、アセットマネジメント業務受託時の鑑定評価額を採用しています。
  • 2012年3月末までは旧住信不動産投資顧問(株)と旧中央三井トラスト・リアルティ(株)の合計で表示しています。

【用途別ポートフォリオ】 2019年3月末時点

用途 残高
(億円)
構成比
オフィス 2,722 58.7%
住宅 279 6.0%
都市型商業 - 0.0%
郊外型商業 943 20.4%
その他
(ホテル・物流)
688 14.9%

【エリア別ポートフォリオ】 2019年3月末時点

エリア 残高
(億円)
構成比
東京都心5区 3,421 73.8%
東京都内
(5区以外)
199 4.3%
関東圏
(東京以外)
195 4.2%
関西圏 469 10.1%
中部圏 349 7.5%
地方政令指定都市 - 0.0%
その他 - 0.0%

ページの先頭へ戻る